So-net無料ブログ作成
検索選択

法制局長官に梶田氏(産経新聞)

 政府は15日午前の閣議で、宮崎礼壹内閣法制局長官(64)が退任し、後任に梶田信一郎内閣法制次長(62)が昇格する人事を決めた。宮崎氏は平成18年9月の安倍内閣発足とともに法制局長官に就任。政権が交代した昨年9月の鳩山政権発足時にも再任されたが、平野博文官房長官によると、宮崎氏から辞意が伝えられたという。

 梶田氏は東大法学部卒業後、昭和46年に熊本県職員になり、旧自治省などを経て、内閣法制局では総務主幹や第三、第一部長などを務めている。

 政府は、18日召集の通常国会から、法制局長官を「政府特別補佐人」から除外し、国会での答弁をさせない方針をとっている。

 一方、この日の閣議では、内閣官房副長官補の福田進、林景一両氏の退任を正式に決定。後任には、前財務省会計センター所長兼財務総合政策研究所長の佐々木豊成氏(56)と、外務省官房長の河相周夫氏(57)がそれぞれ就任する。発令はいずれも15日付。

【関連記事】
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から
民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪
社民・重野幹事長、内閣法制局長官の答弁外し「理由がわからない」
小沢氏「自民システム破壊」へ理論武装 国会改革で
法制局長官 宮崎氏が再任

不審火で自宅全焼…女子中生に「殺す」と脅迫、龍谷大生を逮捕(産経新聞)
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府基本法私案を提示(産経新聞)
<閣僚懇>異例2時間 問題意識を共有(毎日新聞)
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」(産経新聞)
欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。